JAZZ FLUTIST JEREMY STEIG's OFFICIAL SITE JEREMY STEIG's drawing table with ink bottles

めもりある画廊かふぇ JEREMY'S

投げ銭マティネーへのお誘い
コーヒー1杯で聴けるジャズフルート・ライヴ

JEREMY'Sでは、2017年12月16日より毎月1回、土曜日の午後2時~3時の1時間、ジャズフルートおよび即興を含むフルート音楽専門の投げ銭生音ライヴを行います。
 当店の内装は、ジェレミーがよく絵に描いた1950・60年代のニューヨークのコーヒーハウスを参考にしています。ジェレミーは、高校在学中からコーヒーハウスで演奏を始め、「放課後は入り浸って、ナプキンに絵を描いたり、店のスタッフや芸人たちと時間を過ごしたりした」ということです。そこでは、客が回って来た帽子に投げ銭をしており、ミュージシャン、ジェレミー・スタイグのルーツとも言える場所でした。
 当店では、追悼の想いを込めて、若き日のジェレミーに思いを馳せつつ、現代のフルート奏者たちの創造的・個性的なフルートの音楽を皆さまに楽しんでいただきたいと存じます。(当店では、建物の都合上、電子ピアノを使います)

店主 アサコ・スタイグ


投げ銭カレンダー
 2017年12月 梅木 雅史  2018年1月 中村 和美 2018年2月 葉山 裕子 
     
     

第1回 梅木 雅史デュオ 2017年12月16日(土) 午後2時~3時  

アルトフルート [梅木 雅史〕&ピアノ〔渡野辺 香〕

MASASHI UMEKI: 西洋音楽に精通した父と琴を嗜む母のもと幼少よりピアノを学ぶ。滝廉太郎作曲コンクール第3位。病を患いピアノ演奏ができなくなったが、ジェレミー・スタイグの情熱的な演奏を聴き、かねてから羨望していたフルートの習得に取り組む。合わせて表現の拡大を課題に、純邦楽をはじめとする民族音楽や新旧音楽の探求を始める。フルートはクラシックを玉村三幸氏に、ポピュラーの理論・奏法を坂上領氏へ師事。また民族音楽の手ほどきを若林忠宏氏に受ける。近年はユニット166.6をはじめとして、幅広い分野で活動中。

投げ銭の「ルール」 および このライヴの予約方法へ


第2回 中村 和美トリオ 2018年1月20日(土) 午後2時~3時

フルート〔中村 和美〕、ハーモニカ[垣渕 昭宏〕
&ピアノ 〔三鍋 透〕

KAZUMI NAKAMURA:4歳から音楽を習い始めエレクトーンでポピュラー音楽を中心に演奏。中学校の吹奏楽部でフルートと出会い、尚美学園短期大学でクラッシックフルートを岡崎明義氏に師事。フルートアンサンブルで活躍。SSBBなどビックバンドにおいてフルート専門で演奏。平井景のジャムジャムセッションで、セッションの基礎を学ぶ。ポピュラー音楽を坂上領氏、ジャズ理論を井上信平氏に師事。現在は自主企画のジャズスタイルのライヴで演奏している。

投げ銭の「ルール」 および このライヴの予約方法へ


第3回 葉山 裕子トリオ 2018年2月24日(土) 午後2時~3時


YUKO HAYAMA:幼少期エレクトーンを習い音楽と出会い、中学吹奏楽部をきっかけに12歳からフルートを吹き始める。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズコース卒業。中村誠一、ボブ・ザング、谷口英治、斎藤和志氏に師事。ふと入った店で耳にしたフルートソロに感嘆しJAZZに興味を持ち、Jeremy Steigのアグレッシブでまるで絵画のような色彩豊かな奏法と、情熱的で心に染み入るバラードに衝撃・感銘を受け今日に至る。現在はディナーショーやレコーディング(BSドラマ「ワカコ酒2~3」)、ライブハウスなどで幅広く活躍。